土葬よりもペット火葬をしよう~丁寧に弔う~

ペットときちんとお別れするために必要な準備

今ペットにできること~ペット火葬で丁寧なお別れを~

犬と猫

犬や猫などのペットは人間よりも寿命が短いです。寿命が近づくにつれ、徐々に弱っていきます。ですから、前もって心の準備をしておきましょう。また生きている間にできることはすべてやっておくことで、きちんと穏やかに送り出すことができます。亡くなった後は、ペット火葬をしてお別れをしましょう。

ペット火葬で丁寧に弔う

ペットと長年生活を共にすることによって、ペットがまるで家族同然の存在になります。そんな大切なペットが死んでしまった時は、必要な物を準備して安置した後に、ペット火葬をして丁寧に弔ってあげましょう。ペット火葬では人間と同じようにペットを弔います。葬式をちゃんと行なうことによって、残された人は心の整理をつけやすくなるといわれているのです。ペットのためにも自分のためにもペット火葬を行ないましょう。悲しみを癒すことも大事です。

ペットが生きている内に、できることは沢山あります。しかし不慮の事故によって突然旅立つケースもあるのです。ですから今のうちからできることは極力してあげましょう。

ペットとお別れをした人の声

もっと構っていれば良かったです(32歳/女性)

愛犬が朝、突然亡くなってしまいました。突然過ぎて現実を受け入れることができせん。小さい頃から今までずっと一緒にいたので、いなくなるなんて想像もしていなかったです。最近は仕事が忙しくあまり構ってあげていませんでした。今思えばもっと構ってあげればよかったととても後悔しています。ペット火葬もしましたが、気持ちがまったくついていきません。できることをもっとやっておけば、こんなに後悔することもなかったと思います。

お別れで後悔する人が多い

ペットとお別れをしてから後悔することがあるか、というアンケートでは「もっと一緒の時間を過ごせばよかった」という結果が一番に上がっていました。一緒の時間をもっと送っていればよかったと後悔している飼い主が多いようです。次に多かったのが、「もっと健康管理に気を使えばよかった」というものでした。ペットが亡くなる原因に、老衰や病気が多いことからこのようなアンケート結果が出たといえるでしょう。

ペットが亡くなると、後悔や喪失感などが原因で、辛い日々を過ごすことになります。ペットが亡くなってしまってから最後にできることは、ペット火葬をすることです。ペット火葬をして丁寧に弔ってあげましょう。

お別れで後悔しないように生前できることを考える

ペット火葬をして丁寧に弔うことも大切なことです。しかしペットが生きている内は、ペットにできることを一つずつしていきましょう。

高齢のペットのためにできること

過ごしやすい環境を整える
ペットも年を取ると人間と同じように、視力や聴力、また身体機能が大幅に低下していきます。そうなると日常生活を送るのも一苦労するようになるでしょう。肉体的に階段を上り下りも辛くなるので、スロープなどを用意してあげると良いです。年を取ると、肉体的な負担はもちろんのこと、肉体の不自由さからくる精神的な負担も大きくなります。あまり精神的な負担をかけるような環境にしないように気をつけましょう。
高齢になったなら食事にも変化を
ペットが高齢になると、若かった頃のような食事をとることはできません。高齢になると基礎代謝が低下しているため、肥満になりやすいです。肥満にさせないためには、カロリーの低い食事をとらせるなどの配慮が必要となります。また、歯も弱くなるので、軟らかめにして与えるなど工夫をしましょう。その他、体の柔軟性もなくなるため、食事をとらせる際には食器を頭の高さまで持っていってあげてください。そうすることで、食事の際にペットにかかる負担を減らすことができます。頭の高さに食器を置くためには、台を使うなど工夫をすると良いです。

高齢になったペットにできることをしましょう。高齢になると体への負担も、精神的な負担も増えるので、環境を整えてサポートしてあげると良いです。

TOPボタン