ペット火葬をする前にペットの安置を適切に行なっておこう

ペットときちんとお別れするために必要な準備

安置を行なってペットの可愛い姿を保ちましょう

ペットが亡くなった直後、飼い主ができることに安置があります。ペットの亡骸を安置することによって、ペットの見た目を綺麗に保った状態でお別れをすることが可能です。ここでは安置の方法について説明していきます。

安置を行なう手順

道具を準備する

亡くなってしまったペットを安置するために、まず道具を揃えておきましょう。まず準備する道具は犬や猫が入るくらいのダンボール、もしくはプラスチックケースなどです。他にも少し大きめなビニール袋や、新聞紙、使い捨てバスタオルなどを用意しましょう。遺体を綺麗な状態で保存するために氷やドライアイスも用意すると良いです。

棺の用意

ダンボール箱にビニールや防水シートを敷きます。ペットをダンボールに入れたら、毛布など被せられるものを用意しましょう。ただし、ダイオキシンが発生するような素材以外のもので作られたものに限ります。直接ドライアイスや氷が遺体に触れると、遺体の状態が悪くなる恐れがあります。ですから、入れる際には袋にドライアイスや氷を入れて、ペットの遺体を冷やすようにしましょう。

死後硬直への対応

ペットが死亡してから、徐々に死後硬直が進んでいきます。死後硬直する前に、手足を折りたたんで見た目が良い状態にしておきましょう。足を折りたたんでおくことで、特に大型犬であれば、運び出しやすくなります。また、死後硬直以外にも、死亡後に糞や尿をすることがあります。これは自然な現象ですのであまり驚かないでください。糞や尿をしたら、綺麗に拭き取ってあげましょう。

ずっと一緒だったペットとの別れをする日は必ずきます。ですから今からできることとして、ペット火葬を行なう際に一緒に火葬する思い出の品などを決めておきましょう。またペット火葬をする際は、親しかったペット仲間も招き一緒に見送ってあげると良いです。

TOPボタン