ペット火葬には色々ある~どの方法で弔うか決めておく~

ペットときちんとお別れするために必要な準備

ペット火葬の方法を生前から考える~落ち着いて選べます~

悩む女性

ペット火葬の方法を考えるのも生前にできることの1つです。ペットが亡くなってしまった後に、どのような火葬方法にするかを考える時間は限られています。またペットを失ってしまった喪失感で、まともに考えることもできないので、曖昧な考えのままプランを決めてしまう可能性もあるのです。今の内から、後悔しないようにプランを決めておくと良いでしょう。

ペット火葬の方法

合同火葬
ペットを埋葬するプランに、合同火葬というものがあります。ペットを供養してあげたいけど時間がないという人や、供養の費用を抑えたいと考えている人はよくこのプランを利用します。合同火葬は他のペットと一緒に火葬をします。そのことから、ペットを一人で旅立たせたくないという人がこの合同火葬を利用するケースが多いようです。
個別火葬
この個別火葬では、ペットと飼い主だけで火葬から見送りまですることができます。プランによっては、自分の家族を呼び一緒に火葬に立ち会うことができるのです。またペットが生前好きだった物や、飼い主とペットの思い出の品などを一緒に火葬することもできます。家族同然であったペットを最後まで見送ることができるので、しっかり区切りを付けることができるでしょう。

合同火葬と個別火葬では必要な費用が異なります。どちらのペット火葬も、丁寧にしてくれるので安心です。

埋葬方法からペット火葬を考える

埋葬方法にはいつくが種類あります。他のペットと合同で納骨することや個別で納骨するパターンがあります。自分がペットをどのような方法で埋葬して欲しいかによって、ペット火葬の方法が変わってくるのでチェックしておきましょう。納骨堂へ納骨される骨は、基本的に個別火葬経由のものが多いです。

TOPボタン