ペット火葬をした後はメモリアルグッズを作ろう

ペットときちんとお別れするために必要な準備

できることをしていても悲しみは深い~メモリアルグッズを利用する~

ペットが生きている間にたくさんできることをしてあげても、ペット火葬でどれだけ丁寧に弔ってあげても悲しいものは悲しいのです。ここでは、ペットロスやメモリアルグッズに関して紹介していきます。

ペットロスについて

女の人

家族や親友、恋人が亡くなると悲しみや後悔などの感情に晒され、気持ちが落ち込む日々が続きます。これはペットが亡くなった時も同じです。長い間一緒に時間を共にしたペットを失うと、悲しみ苦しむのです。これをペットロスといいます。精神的に様々な変化が起き、その症状としては突然涙が出ることや、吐き気がするなどが挙げられるでしょう。

生前もっとペットにできることがあったのではないか、と後悔する人が多くいます。そうやって悩むのはしょうがないことといえます。しかし、あまり思い詰め過ぎると自分の体が持ちません。これから、ペットの分も生きていくつもりで前を向いて進みましょう。前向きに進んでいくためにも、メモリアルグッズを活用すると良いです。

メモリアルグッズで死後もペットを側に感じる

自宅に祭壇を作ることはできますか?
作れます。ペット用の墓石を販売しているところもあるので、そこで墓石を入手することができるでしょう。墓石のサイズはコンパクトで、両手で持てる程軽いものです。また、料金もリーズナブルなので手軽に入手することができるでしょう。経験豊富な石工職人が手作りで墓石を丁寧に加工します。その墓石にペットの名前を刻めば、世界に一つだけの墓石になります。
いつもペットと一緒にいられるものはありますか?
メモリアルグッズと呼ばれるものを利用するといいです。メモリアルグッズにはペットの遺骨を入れられる、カプセル型のキーホルダーやペンダントがあります。このキーホルダーやペンダントがあれば、毎日ペットと寄り添い合うことができるでしょう。また、遺骨を入れられるカプセル型の他にも、ペットの遺骨を混ぜて加工したキーホルダーやペンダントもあります。

TOPボタン